レーヨン素材の縮まない洗濯方法は?戻し方やおすすめクリーニングサービスを紹介!

こんにちは satoyuriです。

 

レーヨン素材を洗濯したら縮んだってことありませんか?

 

他の洗濯物と一緒に洗っても大丈夫かと思っちゃって(笑)

 

洗濯終わって干してみると”えっ 縮んでる!?”って驚愕ですよ。

 

もうなんで縮んじゃうの?

 

縮んだ服はもう元に戻らないの?

 

せっかくのお気に入りの服が縮んだらもう悲しくなります。

 

そうならないように

  • レーヨン素材の縮まない洗濯方法
  • 縮んだレーヨンを元に戻す方法

をここで紹介します!

 

でも洗濯しておき入りの服が縮んじゃったらいやだし、家で洗うのなんかめんどくさいなって

思ったらクリーニングに出しちゃいましょう!

 

「えっ!でもどこにだせばいいの?」という方に、きれいに仕上げてくれるクリーニング業者も

 一緒に紹介していくのでみていきましょう!

 

 

レーヨン素材の縮まない洗濯方法

レーヨンの良いところは、

・吸湿性が良い

・レーヨン独特の光沢とドレープ性が優れている

・熱に強く軟化や溶解をしない。

 

レーヨンの短所はというと、

・水で縮みやすく、シワになりやすい

ということなんです。

 

レーヨンは、水分をよく吸い取りとる反面、水に濡れると繊維が膨れて太さが増し、全体の長さ

が縮んでしまいます。

 

またとても繊細な素材なので、少しの汚れならば洗濯機は使わずに濡れタオルで優しく叩いて落と

すのがおすすめです。

 

汚れがひどい場合は、おしゃれ着洗い用の中性洗剤を使用して洗濯機で洗いましょう。

 

レーヨンは水にぬれると染料が溶けだしやすいので、色移りをしてしまう可能性があります。

なので色柄物は、中性洗剤の原液を目立たないところに数分間つけた後、その後白い布を当てて

みて色移りしないかどうか確認しましょう。

 

色落ちがあればその衣服だけ分けて洗濯してください。

 

レーヨン洗いの注意点に気をつけながら洗濯機で洗い方、手洗いでの洗い方をみていきましょう!

洗濯機で洗う方法

レーヨン素材の洗う前に絶対してほしいのが洗濯表示を見ることです!

 

「水洗い可」と表示されている場合は、洗濯機でも洗えます。

 

ただし水洗い不可と記載されている場合は自宅での洗濯はできないので、その時はクリーニングを利用してください。

 

レーヨンは、水に濡れると染料が溶け出しやすい特徴を持っているので、色がついている服や柄物

の服は、他の衣類と一緒に洗濯すると色移りしてしまう可能性があるので、できれば分けて洗うこ

とをおすすめします。

もし色落ちしていたら一緒に洗濯するのは避けたほうがいいですね。

 

 

洗濯するときに必要なのが洗濯ネット!

 

それは他の衣類との絡みを防ぎ、擦れて衣類を傷めないためです。

 

使用する洗剤は、おしゃれ着用中性洗剤をおすすめします。

一般的な洗濯洗剤と比べて刺激が少なく、優しく洗い上げることができます。

 

洗濯機のコースは「ドライコース」「手洗いコース」など優しく洗ってくれるコースを選びましょう。

 

脱水は10秒程度でもそれなりに水気をきることができるので、生地に大きな負担がかからないよう

にできるだけ短くしましょう。

 

脱水が終われば、そのままにせずすぐ干しましょう。

 

 

手洗い方

短時間でさッと洗っていきましょう!

 

常温の水を洗面台や容器にはり、そこにおしゃれ着用洗剤をよく溶かします。

15℃〜25℃が適温で、洋服の縮みを防ぐためにもお湯やぬるま湯は避けましょう。

 

軽く押し洗い、すすぎ洗いをします。

洗濯物は裏向きにして畳み、洗濯液につけて軽く手で押し洗いをし、水をかえながら、洗濯物を

軽く押すようにしてすすいでいきます。

 

③洗濯機で脱水する場合は、30秒~40秒ほどで終わらせましょう。

 

脱水が終わったらすぐに干しましょう。

干すときは型崩れしやすいので、ハンガーではなく平干しにしましょう。

また直射日光があたると、色褪せてしまうので陰干しをおすすめします。

 

色落ちチェックをして、他の洗濯ものと洗えるかをみて、洗濯方法を決めましょう!

 

脱水は短時間にして、終わったらすぐ干すようにしましょうね。

 

私はついつい脱水が終わってしばらくそのままにしてしまうことがあるので、開けてみれば服は

もうシワシワで大変なことになってました。

そういうことにならないように脱水が終わったらすぐに干すことが大事です!

 

それでも「ちょっと縮んじゃった」というかたには、縮みを直す方法があるんですよ!

ほんとに!って驚かれるでしょうが、本当なんです。

 

次はそんな縮んでしまった服を元に戻す方法をみていきましょう!

 

 

縮んだレーヨンを元に戻す方法

洗濯して縮んでしまったらもうへこみますよね。

どうにかならないものかと思いますが、どうにか縮んだ服を元に戻す方法があるんです。

そんな難しいことではないので一緒にみていきましょう!

 

アイロンを利用する

レーヨンの縮みは繊維のヨレによるものです。

また乾燥する際に生地の偏りによってできるシワも繊維の縮みによるものなんです。

 

アイロンをあてるときは、中温度であて布をあてて繊維が伸ばされてさらっとしたレーヨンならではの光沢がよみがえります。

 

伸びやすい素材で、型崩れをするのでアイロンをかけるときはグッと押し付けて伸ばすのは厳禁です。

それに、アイロンを何回も往復するのはやめて、優しくアイロンを滑らすようにかけましょう。

 

 

ヘアリンスを使用する

用意するものは、シリコン入りのリンス(コンディショナー)です。

ノンシリコンでは意味がありませんよ。

 

ぬるま湯がはいった容器に、シリコン入りのリンス(コンディショナー)を5~6プッシュして、

よく溶かしその中に30分ほどつけて置きます。

その後、1分ほど洗濯機で脱水をして、形を整えて陰干しします。

 

これだけで、柔らかな質感を取り戻せます。不思議ですね。

 

ただし、水に長くつけるのはリスクを伴うので、縮んでしまった場合の最終手段としておすすめします。

 

 

 

 

おすすめクリーニングサービス

ココロモ

肌触りがいいレーヨンは、夏場に着ることも多いですよね。

 

夏は特に汗をかくのでそのままにしておくと繊維に汗が入り込んで、変色やシミなどの原因になる

し、汗をたくさん吸うとゴア付いてしまったり、汗汚れも落ちにくくなります。

 

そんな汗の皮脂汚れはプロのクリーニングに任せるといいです。

 

ココロモのウェットクリーニングをすると生地も整い、汗のゴア付きもスッキリ取れて、また元の柔らかい優しい素材が戻ります。

 

難しい素材や凝ったデザインの衣類も、やさしくお手入れし汗もしっかり落してくれますよ。

 

高級なドライクリーニング溶剤を使用しているので、一般的な石油系溶剤と比べて、洗浄液を常に新鮮に保持することができます。

なので繊維を痛めることがなく石油系独特の臭いが衣類につかないメリットもある。

 

クリーニングから戻ってきた服が臭うときってありますよね。

そういった臭いも服につかないといいですよね。

せっかくきれいになって戻ってきたのに「この臭いは?」ってなったらいやですからね。

 

それにレーヨン独特のやわらかいドレープのデザインや光沢を疎なうことなく、洋服の素材をそのままにきれいに仕上げてくれるので安心できておすすめです!

 

また新規利用の方は、全品30%OFFとお得になっていますので、利用検討されている方や利用して

みようかと思っている方はこの機会に利用してみるといいですね!

 

↓こちらから詳細ご覧ください!

 

 

まとめ

レーヨン素材を洗濯するときは、洗濯表示をまず確認して洗濯機で洗えるのか、手洗いなのかを

確かめます。

次に色落ちしないかを確認して、他の洗濯物と一緒に洗えるのかを確かめます。

 

色落ちしなければ他の洗濯物と一緒に洗濯機で洗濯ネットを使用して洗濯していきます。

色落ちした場合は、手洗いで短時間で洗い上げましょう。

 

脱水は時間をかけずに30~40秒ぐらいでおわり、すぐに取り出して陰干ししましょう。

 

洗濯して縮んだら慌てずに、アイロンをかけて生地をのばしていきます。

縮みがひどいときの最終手段としてコンディショナーに30分つけ置き後、軽くすすぎ脱水して

同じように陰干しします。

 

それでもやっぱり家で洗うのがめんどくさかったり、お気に入りの服を縮ませたくないというかた

は、クリーニングへ出しましょう。

 

ココロモでは難しい素材や凝ったデザインの衣類も、やさしくお手入れし汗もしっかり落してくれ

るので安心して出すことができます。

それにリピートの方もとても多く、仕上がりに満足されている方が多いですね。

 

利用してみようかなと思っている方は、初めての利用で全品30%OFFなのでこの機会に利用される

といいですね!

レーヨンの素材をそのままに、光沢やドレープの優しい流れを損なわずにきれいになって戻って

きますよ!

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメント